スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.07.28

【ボリビア】

■ニニョ・コリョで土砂災害 Página Sieteの記事
ラパスのニニョ・コリョで土砂崩れが発生した。ルイス・レビジャ市長によるとこの事態が起きたのは27日昼頃のことで、斜面が崩れて住宅1棟と車輛2台を飲み込んだという。生き埋めになった男性が救出されたが、その後死亡が確認された。同市長は、地下水の影響で地盤が緩んだため起きたと考えられると語った。

■リチウム市場で負けか Página Sieteの記事
ボリビアは、世界のリチウム市場で「負けた」とみられるという。在ラパスの韓国大使が指摘したものだ。ポトシ県のウユニ塩湖やオルーロ県のコイパサ塩原に、リチウム資源があることが分かっている。電源開発競争でこの資源が注目されるが、ボリビアはこの市場で豊富な資源を抱える強みを発揮できず、アルゼンチンやチリの後塵にを拝したという。

■アリカ港、ボリビア貨物停止を示唆 La Razónの記事
チリ北端のアリカ港湾は、ボリビア貨物の扱い停止の可能性を示唆した。ボリビアが外港として使用するこの港湾ではボリビア貨物に対する差別的扱いが問題となっている。この扱いのため、ボリビア側がこの港湾に抱える債務が大きくなり、支払いが滞っている状態だ。港湾側はこの支払いがない限り、ボリビア貨物の扱いを停止する可能性があることを示した。

■シララ、水源開発法 La Razónの記事
ボリビア議会は、ポトシ県南部のシララ水系の水を活用するための法案整備に着手した。この水系の水をチリが、百年以上にわたり無許可取水していることを、政府はハーグの国際司法裁判所に提起している。議会はこの裁定の「後」を見据え、この水を活用する方法や開発などを進めるための法整備を検討し始めた。

■ビルビル入国審査、大渋滞 El Deberの記事
国内で国際定期便がもっとも多い、サンタクルスのビルビル国際空港の入国審査は、時間帯によって大渋滞となるという。27日12時から13時、パラグアイからの便到着で審査を待つ250~400人が列を作った。入国審査官のブースは9つあるが、この際は5つしか開いていなかったという。南米の空港間の競争が激化する中、円滑な審査も空港運営の課題となりつつある。

■ポトシでM3.9の地震 El Deberの記事
ポトシ県で27日午前3時2分頃、地震があった。ラパスのサンカリクスト地震機構によると、震源はアントニオ・キハロ郡、アトチャの近くで、震源の強さはマグニチュード3.9、震源の深さは253.3キロだ。震源が深かったため地表の揺れは小さく、人や建物への被害はない。

■鉄道計画でドイツ交通相来暮 El Deberの記事
大陸横断鉄道計画を受け、ドイツの交通相が来暮するという。ミルトン・クラロス公共事業相が明らかにしたものだ。政府はペルーの太平洋岸とブラジルの大西洋岸を結ぶ鉄道の建設を計画している。ドイツ政府と同国企業はこの計画に強い関心を持ち、大臣が来暮する。一方、ペルーで28日に政権交代があり、計画に影響が生じる可能性もある

■鉱山会議、テーマは環境 La Patríaの記事
28日にオルーロで行われる鉱山会議の最大のテーマは、環境との整合性だという。鉱山県であるオルーロ各地の鉱山の関係者が集まる会議だ。近年、鉱山廃水による河川や土壌の汚染が問題となっており、この対策が話し合われる。また国際市場での鉱産物の価格の問題などについても、意見が交わされる見通しだ。

■イクラの恐竜、新種か Correo del Surの記事
チュキサカ県のイクラで足跡が見つかった恐竜は、新種である可能性があるという。古代生物学の専門家が明らかにしたものだ。この足跡の化石は、1億4500万年前のものと推定されるが、すでに判明している種の中に該当するものがいないとみられる。県内ではスクレ近郊のカル・オルコの採石場に大量の足跡があり、文化行政はユネスコ世界遺産登録を目指している。

■試合後にバスケットボール選手逮捕 Pág;ina Sieteの記事
オルーロのチームに属するバスケットボール選手が、試合後に逮捕された。ポトシで行われた試合の最中、相手チームのブースターの執拗なヤジなどに腹を立て、座席の一部などを破壊したという。またこどもに対し、ペットボトルを突出し脅す様子も、撮影された動画に映し出されていた。


【ペルー】

■PPK就任式、6か国首脳参列 El Comercioの記事
28日に行われるペドロ・パブロ・クチンスキー新大統領の就任式には、6か国の首脳が参列する。外務省が明らかにしたもので、大統領が参列するのはアルゼンチン、チリ、コロンビア、エクアドル、メキシコ、パラグアイだ。またスペインからは国王が、ボリビアからは副大統領が参列する。日本からは二階元経済産業相が参列予定となっている。

■PPK、9月に中国へ El Comercioの記事
28日に就任するペドロ・パブロ・クチンスキー新大統領は、9月13日に中国を訪れる。外務省が明らかにしたもので、就任後の外遊の予定が明らかになったのはこれが初めてだ。ペルーと中国の国交樹立45周年を記念した訪問で、同国政府高官との会談が予定されている。

■リマ、馬が暴走 Correo Perúの記事
リマ中心部で、馬が暴走する事故が起きた。アルマス広場周辺で営業している観光用の馬車が暴走し、商店街であるウニオン通りで人々をなぎ倒した。この事故で、巻き込まれた29歳の男性が重傷を負い、市内の病院に運ばれている。馬車をひく馬のコントロールが利かなくなったことが原因だという。

■アンカッシュ、バスが谷に落ちる Perú21の記事
アンカッシュ県で、バスが谷に転落する事故が起きた。現場となったのはオクロス郡のパンプローナだ。サンティアゴ・デ・チルカスからバランカに向かっていたバスが700メートル下のオクロス川に落下した。この事故で8人が死亡し、10人が重軽傷を負った。警察が事故原因などを調べている。


【チリ】

■ラス・コンデス、車が落下 La Terceraの記事
サンティアゴのラス・コンデスの立体駐車場で、車が落下する事故が起きた。26日昼頃、地域にある大型スーパー「Jambo」に併設されている駐車場で、乗用車が2階から1階に落ちたものだ。この車を運転していた77歳の男性は、軽傷を負っている。原因などはまだ分かっていない。

■6月の航空、12%増 La Terceraの記事
国内の航空利用はこの6月、前年同月比で12%の増加となった。民間航空局が明らかにしたものだ。この月の航空利用者総数は145万3806人だったという。国際線の利用が11.8%と、この43か月でもっとも高い水準となった。この上半期の航空利用は、前年同期比で9.6%の増加だった。


【アルゼンチン】

■スブテ値上げ、結論に数か月か Clarín.comの記事
ブエノスアイレスのスブテ(地下鉄)の値上げの結論には、数か月を要する可能性がある。この27日、運賃は4.50ペソから7.50ペソに値上げされることになっていた。しかし値上げ幅が大きく、利用者への影響が大きいとして司法がストップをかけた。この件について今後、協議が行われるが、結論が出されるまでには相当の時間がかかると予想される。

■サルミエント線、スト予告 Clarín.comの記事
ブエノスアイレスの近郊鉄道サルミエント線で、28日のストライキ実施が予告された。同路線では待遇などの改善を求め、清掃作業員の組合がストに突入している。鉄道本体の組合もこれに同調し、この日24時間の時限ストを通告した。オンセとモレノを結ぶこの路線は、一日当たり35万人の利用がある。

■トウモロコシに投資の動き La Nacionの記事
国内のトウモロコシ生産に対し、国外からの投資の動きが起きている。アルゼンチンは食料や飼料として使用されるトウモロコシの、世界有数の生産国だ。国産トウモロコシの価格が、世界市場で高止まりしていることから、増産や改良に向けた国外からの投資の関心が高まっている。ロサリオの穀物市場では、トウモロコシは活発な取引が続いている。

■ブエノスアイレスで停電 Clarín.comの記事
ブエノスアイレスの広い範囲でまた停電が起きた。27日夜に起きたもので、市内では9万世帯で電力が使用できなくなった。二つの電力会社によると、需要に対し供給が追いつかず、この事態に至ったという。カバジートなどで、停電世帯の人々による抗議デモも行なわれた。国内では電力供給不安で、このような停電が起きやすい状態となっている。

■男性の痴漢被害告発 Clarín.comの記事
ブエノスアイレスの近郊鉄道、ロカ線を利用する数人の男性が、痴漢被害を告発しようとしている。混んだ電車内で痴漢被害が報告されることはあるが、多くの場合被害者は女性だ。この男性らによると、車内で「痴女」から身体や性器を触られるなどの被害を受けたという。SNSを通じて告発したもので、反響も大きいという。

■忘れられたトランビア La Nacionの記事
ブエノスアイレス、プエルト・マルドナードのトランビア(路面電車)は忘れられた状態だ。2012年から運休しているこのトランビアの車輛や駅舎を撤去することを、市政府が決めた。このトランビアは距離が短く、ほかの交通機関とも接続していないため利用が低迷していた。当初はレティーロとボカを結ぶ計画もあったが、議論もされないまま役目を終えることになった。


【エクアドル】

■コトパクシ、動物毒殺か El Comercioの記事
コトパクシ国立公園内で、野生動物が毒殺された疑いがあるという。環境省の告発を受け、捜査機関が捜査を開始したものだ。シカなどの動物4頭が、毒物で殺され、車輛で運ばれていたという。この行為は密猟にあたり、動物虐待や環境保全違反にも相当する可能性がある。


【コロンビア】

■アルメニア空港改修計画 Caracol Radioの記事
民間航空局は政府に対し、アルメニア空港の改修予算を要求した。財務省と地域行政に対しこの工事の必要性を説明し、予算を求めたもので、その総額は700億ペソだ。空港施設の改修などを行なうもので、同空港の利用活性化に必要な措置だという。2500メートル滑走路を持つ同空港からは、国内線のほか米国やパナマへの国際線もある。

■カルタヘナ-リマ直行便 Reporturの記事
LATAM航空は新たに、カルタヘナとペルーの首都リマを結ぶ直行便を就航する。同社が明らかにしたもので、来年1月3日から週4往復の体制で運航を始める。近い将来には、デイリー化したいという。要塞都市カルタヘナは、旧市街がユネスコ世界遺産に登録され、周辺にはリゾートが多いため、観光需要が多い。この路線開設で、観光の活性化が期待される。

■カルダス、小型機事故 Caracol Radioの記事
カルダス県で、小型機が事故を起こした。現場となったのは県都カルダス市南部の地域だ。試験飛行を行なっていた小型機が着陸時に、エンジンが突然停止したという。このため地域の駐車場に緊急着陸したものだ。乗っていた操縦士は無事で、地上で巻き込まれた人や車はなかった。


【ベネズエラ】

■野党、大規模デモ El Universoの記事
野党とその支持者らは27日、カラカスなどで大規模デモを行なった。昨年12月の議会選挙で大勝した野党は、ニコラス・マドゥロ政権の打倒を目指し、リコールを行なうための署名集めを行ない、選管による審査結果を待っているところだ。与党側の圧力を受ける中、野党メンバーや支持者らは街路を行進し、打倒政権を叫んだ。

■人権団体、弾圧や拷問を告発 El Universoの記事
ヒューマン・ライツ・ウォッチは、ベネズエラ政府による弾圧や拷問を告発した。ニコラス・マドゥロ政権が、野党メンバーや支持者、活動家などに対し違法な捜査を行ない、弾圧を加え、また拷問による取り調べを行なっているという。野党による、リコールのための署名集めが活発化した期間、この傾向がさらに強まったと指摘している。

■飢える動物園 Excelsiorの記事
国内の動物園で飼育されている動物たちが、飢餓に直面している。国内では経済失政により、食料や日用品が不足し、涸渇していることが伝えられている。動物園の動物たちへの餌の確保が難しく、すでに動物園では動物たちの「餓死」が報告されているという。カラカスではこの半年間で、50頭が死んだ。

■87%、収入で暮らせない Caracol Radioの記事
国民の実に87%は、その収入では生活を維持できないという。経済失政で国内では物資不足と高いインフレ率が続いている。この影響で、標準世帯の標準的な支出を、87%の国民が収入でカバーできない状態にある。このためコーヒーや砂糖など、本来の基本的な物資が、国内市場ではすでに「ぜいたく品」となっている。


【ラテンアメリカ・カリブ海】

■搭乗率、コパ航空がトップ Panamá Onの記事
パラグアイに乗り入れている航空会社の便で、2016年上半期、平均搭乗率がもっとも高かったのはコパ航空のパナマシティ線だった。同国民間航空局が明らかにしたものだ。同路線の搭乗率は86%だった。次点はTAM(LATAM)、以下アビアンカ航空、アルゼンチン航空、エア・ヨーロッパ、GOL、アマスソナスが続く。

■ウルグアイ、停電続く El Pa&aicute;sの記事
ウルグアイ国内では、停電が続いている。同国内はハリケーン並みの風が吹く悪天候は見舞われた。国内の広い範囲で送電線が被害を受けるなどし、停電が起きた。一時は電力が利用できない世帯は2万世帯を超えたが、今は1万4千世帯となっている。停電が起きているのはコロニアやモンテビデオ、カネロネス、マルドナード、ロチャだ。

■ニカラグア薬物押収量1.6トン Caracol Radioの記事
ニカラグアでは今年上半期、1.6トンのコカインが押収されたという。同国警察がデータを明らかにしたものだ。この期のマリファナ(大麻草)押収量は136キロ、薬物関連での逮捕者は外国人25人を含む47人、銃器などの武器押収は6件、爆発物は67件だった。薬物関連では米国やメキシコなど周辺国との協力関係を、警察は重視している。

■プエルトリコ、薬物輸送摘発 Caracol Radioの記事
プエルトリコ西部で、薬物輸送に関わった容疑で44人が逮捕された。サンフアンの連邦警察によると、摘発されたのは2010年から薬物輸送を組織的に行なっていたグループだ。このグループはコカインやクラック(パコ)といった薬物を、島内や米国本土などに輸送していたとみられる。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。