2017.06.24

【ボリビア】

■チリは国境に壁を作ろうとしている La Razónの記事
エボ・モラレス大統領は、チリ政府がボリビア国境に「壁」を作ろうとしていると述べた。米国のドナルド・トランプ政権が、メキシコに作ろうとしている壁と同様だという。チリがボリビアの政府関係者、政治家などにビザ取得を義務づけたことを批判し、語ったものだ。海岸線問題などを受け、両国の関係は極度に悪化したままとなっている。

■コレア氏とサパテロ氏、空軍機に Página Sieteの記事
エクアドルのラファエル・コレア前大統領と、スペインのホセ・ルイス・ロドリゲス・サパテロ元首相が、ボリビア空軍機に乗ったという。両者は19日から20日にかけて国内を訪れ、コチャバンバ県の村に向かった。国内到着まではそれぞれ専用機などを利用したが、国内移動は空軍の機体を利用したという。

■難民4人、ボリビア国籍取得 Correo del Surの記事
ボリビアに居住する難民4人が、ボリビア国籍を取得したという。フェルナンド・ワナクニ外相が明らかにしたものだ。国籍を取得したのはパキスタン出身の2人と、ペルー出身の2人だ。難民認定を受けているこれらの4人は、今後はボリビア国籍者として国外に向かうことも可能となる。

■ワリ-ウユニ道で事故 Página Sieteの記事
オルーロ県内の道路で、交通死亡事故が起きた。現場となったのは県内のワリと、ポトシ県のウユニを結ぶ道路だ。4WD車とトラクターが衝突したもので、この事故で7歳のこどもを含む5人が負傷し、11歳の少年が重傷を負っている。事故原因などについてはまだ、分かっていない。

■犬に噛まれた人を探す Página Sieteの記事
ラパスの保健行政は、犬に噛まれた人を探している。今月15日、市内のプラプラで、白と茶色のぶち犬が人々を次々と襲った。この後死んだ犬を調べたところ、狂犬病に感染していたという。噛まれた人がこのウイルスに感染しているおそれがあり、早めにワクチンを受ける必要があるとして、地域一帯で噛まれた人を探しているものだ。

■アマスソナス、マイレージ開始 Correo del Surの記事
アマスソナス航空が、新たにマイレージサービスを開始した。利用時にマイルが得られるこのサービスは「ジェット・クラス・マイルズ」という名前だ。国内だけでなく、アマスソナス・パラグアイ、アマスソナス・ウルグアイ利用時にも、マイレージを獲得できる。同社は2012年のアエロスール破綻後、国内市場での存在感を大きく増した。


【ペルー】

■リマ中心部で火災 Págna Sieteの記事
リマ中心部にある商業施設で、火災が起きた。23日朝、この事態が起きたのは歴史的建造物の一つである「ガレリア・ニコリニ」だ。可燃物を販売していた店舗から火が出たもので、市内の消防500人が結集し、消火活動を行なった。火はその後消し止められたものの、建物内にいたとみられる4人と連絡がとれなくなっている。

■恩赦の現実味が増す Página Sieteの記事
元大統領のアルベルト・フヒモリ(フジモリ)氏への恩赦実施の現実味が、増している。政権運営に苦しむペドロ・パブロ・クチンスキー政権が、フヒモリ氏支持派を取り込むため、この恩赦を行なう可能性が浮上している。フヒモリ氏は在任中の人権問題で25年の刑を受け服役中だが、健康問題が取りざたされ、恩赦を求める声が上がっている。


【チリ】

■ピノチェト氏家族に480万ドル支払い命令 Página Sieteの記事
チリ司法は、1990年にかけて軍事独裁政権を敷いたアウグスト・ピノチェト氏の家族に、480万ドルの支払いを命じた。サンティアゴの司法が命じたもので、この独裁政権下で「私腹を肥やした」分の返還を求めたものだ。この請求は、ルシア・イリアルト夫人などに対しなされることになる。


【ベネズエラ】

■22歳学生、デモで殺害される Página Sieteの記事
反政府デモに参加していた22歳の男子学生が、明確に「殺害された」という。カラカスの高速道路上でのデモが鎮圧行動にあい、ダビド・バジェリニャさんが死亡した。現場で撮影された動画が、この学生に対し2発、発砲する治安部隊の姿を映していた。鎮圧行動とは名ばかりで、ただの惨殺だと野党側が追及している。


【ラテンアメリカ・カリブ海】

■グアテマラで地震 Cooreo del Surの記事
グアテマラで22日、大きな地震が起きた。観測機関によるとこの地震の規模はマグニチュード6.7で、地震の揺れは国内の大半の地域とメキシコのチアパス州、そしてエルサルバドルで感じた。またこの地震の後には、M3.9~M4.3の余震が3度発生している。建物などの被害は報告されているが、負傷者などは出ていないという。

■エスピリト・サントで事故 Correo del Surの記事
ブラジル、エスピリト・サント州で大きな事故が起きた。グアラパリのBR-301道上で、砂糖を積んでいたトラックが、サンパウロからビトリアに向かっていたバスに衝突した。この事故は後続車を巻き込み、さらにこれらの車輛は炎上するに至った。今の時点で、21人がこの事故で死亡している。