2020.11.30

【ボリビア】

■国内の感染、14万4622人に El Deberの記事
国内での新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前日から30件増えて、14万4622人となった。保健省が29日、明らかにしたものだ。感染による死者は3人増えて8952人となり、感染から回復した人は12万1472人となっている。この日感染が確認されたうち地域別でもっとも多いのはオルーロ県で10件、サンタクルス県が8件で続く。

■文化、スポーツ再開へ El Deberの記事
国内では文化活動やスポーツが、本格再開される。新型コロナウイルス(Covid-19)対策で活動が休止状態だったが、ルイス・アルセ政権はこの再開を宣言する政令4404号を公布した。国民的スポーツであるフットボールも感染対策をとった上で再開されている。今後音楽、ダンスなども再開に向かう。

■サンタクルス、プール再開へ El Deberの記事
サンタクルスでは、プールの運用が再開される。新型コロナウイルス(Covid-19)の感染拡大が抑止され、スポーツなどの再開を政府が発表した。熱帯にあるサンタクルス市内には多くのプールがあり、この夏の水浴が認められることとなった。しかしこうした施設でも、感染対策の徹底が求められている。

■麻疹対策、強化へ El Díaの記事
保健省は、サンタクルス県での麻疹(はしか)対策に全面協力する。同県で、麻疹の感染が今年、すでに3件確認された。国内では2000年を最後に麻疹は長期、確認されていなかったが、今年再発した形となった。麻疹は感染力が強く、保健省は同県保健局とともに未接種者へのワクチン接種を積極的に展開する姿勢だ。

■急性呼吸器感染症、減少 El Díaの記事
ラパスでは今期、急性呼吸器感染症の症例が大きく減ったという。県保健局が明らかにしたものだ。例年、冬の間この感染症が多く、2019年は8万7602件だったが、今期は半数以下の3万2403件となった。新型コロナウイルス(Covid-19)流行を受け、感染対策が取られたことがこの数字につながったとみられる。

■プラスチックゴミが増加 Página Sieteの記事
ラパスではパンデミックを受け、プラスチックゴミが増えたという。市議会で報告されたものだ。国内でもプラスチック抑止のため、レジ袋規制などの措置がとられている。しかしこのウイルス流行を受け、使い捨てのプラスチック製品の使用が大きく伸び、結果としてプラスチックゴミが大きく増えたとみられる。

■ノーカーデー、中止に Los Tiemposの記事
コチャバンバでは12月6日に予定されていた「ノーカーデー」のイベントは中止となった。中心部への車輛乗り入れを禁じ、歩行者や自転車、さらにイベントに解放するものだ。市側は、新型コロナウイルス(Covid-19)対策で人が集まることを避けるため、中止するとした。同様イベントはラパスやオルーロなど、各地で実施されている。

■大豆農家、自由な技術求める El Deberの記事
国内の大豆農家が、生産における自由なバイオ技術の利用を求めている。パンデミックを受け、世界市場での大豆価格は高止まりしている状態だ。輸出用に大豆を生産する国内農家はこれを好機ととらえるが、さらなる収穫量のため技術の応用が必要とした。国内では遺伝子組み換え作物などは今も規制されている。

■政府、法の独立を強調 Página Sieteの記事
政府は、司法は権力から独立していると強調した。現政権に代わり、ヘアニネ・アニェス前政権に対する追及が厳しさを増している。昨年11月の混乱の責任所在などについて、アニェス氏自身への追及も今後行なわれる可能性が高い。しかし政府側は、司法はあくまで独立した存在だとした。

■国境、外国人16人を摘発 El Díaの記事
ペルー国境のデサグアデーロで、不法滞在の外国人16人が摘発された。警察が集中摘発を実施したもので、摘発を受けたのはベネズエラとペルーの国籍者らだという。国内では今、密輸の横行があり、国際的なシンジケートが動いているとの指摘もあることから、警察はこうした摘発の姿勢を強めている。


【ペルー】

■国内の感染、96万368人に RPPの記事
国内での新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前日から2044件増えて、96万368人となった。保健省が28日、明らかにしたものだ。感染による死者は40人増えて3万5879人、感染から回復した人は89万1004人に増えている。現在国内では4412人が医療機関に入院し、このうち967人が人工呼吸器を装着した状態だ。

■トラック、列車と衝突 Correo Perúの記事
アレキパで、トラックがペルーレイルが運行する貨物列車と衝突した。アルフォンソ・ウガルテ通りの踏切で起きた事故だ。グロリア社の生乳を積んだトラックの運転手が負傷した。トラックが列車の接近に気づかなかった可能性があるとみられ、詳しい原因の調べが進められている。


【チリ】

■国内の感染、55万430人に Cooperativaの記事
国内での新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前日から1489件増えて、55万430人となった。保健省が29日、明らかにしたものだ。感染による死者は34人増えて1万5356人となり、感染から回復した人は52万5212人となった。現在国内では693人が医療機関に入院し、このうち545人が人工呼吸器を装着した状態だ。

■デモで150人逮捕 Noticias por el Mundoの記事
反政府デモの激化で、合わせて150人が逮捕された。昨年10月から始まった反政府デモが再燃しているもので、サンティアゴではセバスティアン・ピニェラ大統領の辞任などを求めるデモが繰り返されている。一部が暴徒化し、バンダリスモ(破壊行為)や店舗での略奪発生も伝えられている。


【アルゼンチン】

■国内の感染、141万8807人に La Noticia1の記事
国内での新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前日らか5432件増えて、141万8807人となった。保健省が29日、明らかにしたものだ。感染による死者は151人増えて3万8473人となり、感染から回復した人は124万9842人に増えている。国内医療機関の集中治療ベッド使用率は56.2%、ブエノスアイレスは59.8%だ。

■サルタ、フフイで強い地震 Télamの記事
サルタ、フフイ州では29日13時40分頃、強い地震が起きた。観測機関によると震源は両州の境にあるサルタ州北部のオランで、震源の強さはM5.9、深さは17キロだ。揺れは強かったが人や建物への被害はなく、住宅のドアが開かなくなったとして消防に緊急通報1件あっただけだ。

■ボウソナロとオンライン会談 Télamの記事
アルベルト・フェルナンデス大統領は、ブラジルのジャイル・ボウソナロ大統領とオンライン会談を行なう。1985年、当時の大統領がイグアスで「友好会談」を行なったことを受け、慣例化したものだ。しかし左派嫌いで知られるボウソナロ氏と、左派のフェルナンデス大統領は政治的に「水と油の関係」でもある。

■年越しは10人以下で Télamの記事
年越しパーティは10人以下で行なうよう、異例の呼びかけがなされている。通常年越し時、国内では盛大に祝う習慣がある。しかし今年は新型コロナウイルス(Covid-19)流行が続いていることから、パーティは10人以下で常時マスクを使用し、さらにソーシャルディスタンシングを徹底することが保健省から呼びかけられた。


【エクアドル】

■国内の感染、19万2117人に El Universoの記事
国内での新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前日から1208件増えて、19万2117人となった。保健省が29日、明らかにしたものだ。感染による死者は確定しているのが8989人、推定されているのが4434人で、合わせて51人増の1万3423人となっている。すでに16万9804人は感染から回復している。

■キト、交通運賃値上げ El Universoの記事
キトでは交通運賃の値上げが行なわれる。27日夜に、キト市議会が可決したものだ。現在の交通運賃は35センターボとなっているが、来年2月から60センターボに、およそ7割引き上げられる。市内では建設中のメトロ(地下鉄)が来年の早い時期にも開業予定で、交通体系が大きく変わることが予想される。


【コロンビア】

■国内の感染、130万8376人に Portafolioの記事
国内での新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前日から8763件増えて、130万8376人となった。保健省が29日、明らかにしたものだ。感染による死者は183人増えて3万6584人となり、感染から回復した人は120万4452人に増えている。この24時間に行なわれたPCR検査の件数は2万8662件、抗原検査は1万1616人だ。

■チョコ県で大きな火災 RCN Radioの記事
チョコ県のリオスシオで、大きな火災があった。住宅火災が燃え広がり、合わせて61棟が燃えたものだ。この事態で9歳のこどもを含む2人が死亡し、250世帯が焼け出されている。地域行政は住まいを失った人々への支援体制を整えようとしており、イバン・ドゥケ政権もこれを支援する姿勢だ。


【ベネズエラ】

■国内の感染、10万1760人に TelesurTVの記事
国内での新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前回発表から236件増えて、10万1760人となった。ニコラス・マドゥロ体制の担当、デルシー・ロドリゲス氏が明らかにしたものだ。感染による死者は4人増えて892人となり、感染から回復した人は9万6652人となった。新たな感染のうち国外からの持ち帰り事例は19件だ。

■チャベス派、投票呼びかけ Caracol Radioの記事
チャベス派は12月6日の議会議員選挙の投票を行なうよう、有権者に呼びかけた。ニコラス・マドゥロ体制のもとで行なわれるこの選挙を、野党はボイコットし、さらに米国や欧州連合などは結果を認めないとしている。フアン・グアイド暫定大統領がこの日の「ステイホーム」を呼びかけたが、チャベス派は投票参加を呼びかけた。


【ラテンアメリカ・カリブ海】

■ブラジル、感染631万3656人に Globoの記事
ブラジルでの新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前日から2万3496件増えて、631万3656人となった。同国保健省が29日、明らかにしたものだ。感染による死者は261人増えて、17万2848人となっている。この一週間の一日平均の感染者は3万4748人、死者は522人だ。

■メキシコ、感染110万683人に El Universalの記事
メキシコでの新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前日から1万8件増えて、110万683人となった。同国保健省が28日、明らかにしたものだ。感染による死者は10万5459人となり、感染から回復した人は81万3254人に増えている。国内医療機関の集中治療ベッド使用率は38%、人工呼吸器は32%だ。

■パナマ、感染16万3543人に Telemetroの記事
パナマでの新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前日から1709件増えて、16万3543人となった。同国保健省が28日、明らかにしたものだ。感染による死者は9人増えて3039人となり、感染から回復した人は14万2872人に増えている。現在国内では950人が医療機関に入院し、このうち145人が重症化した状態だ。

■ドミニカ共和国、感染14万3473人に Diario Libreの記事
ドミニカ共和国での新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前日から820件増えて、14万3473人となった。同国保健省が29日、明らかにしたものだ。感染による死者は2人増えて2330人となり、感染から回復した人は11万4818人に増えている。国内医療機関の集中治療ベッド使用率は26%、人工呼吸器は25%だ。

■グアテマラ、感染12万1971人に Prensa Libreの記事
グアテマラでの新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前日から173件増えて、12万1971人となった。同国保健省が29日、明らかにしたものだ。感染による死者は5人増えて4166人となり、感染から回復した人は11万588人に増えている。人口10万人当たりの感染は723.5人、死者は24.7人だ。

■ホンジュラス、感染10万7513人に Procesoの記事
ホンジュラスでの新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前日から379件増えて、10万7513人となった。同国保健省が28日、明らかにしたものだ。感染による死者は6人増えて2905人となり、感染から回復した人は62人増えて4万7638人となった。現在国内では562人が医療機関に入院し、このうち138人が重症化した状態だ。

■パラグアイ、感染8万1131人に ABC Colorの記事
パラグアイでの新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前日から695件増えて、8万1131人となった。同国保健省が28日、明らかにしたものだ。感染による死者は11人増えて1731人となり、感染から回復した人は505人増えて5万7496人となった。現在国内では741人が医療機関に入院し、このうち131人が重症化した状態だ。

■ハイチ、感染9272人に Haiti Librekの記事
ハイチでの新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前回発表から8件増えて、9272人となった。同国保健省が29日、明らかにしたものだ。感染による死者は232人から変わらず、感染から回復した人は7951人となっている。この24時間に行なわれたPCR検査の件数は109件で、総件数は3万5822件だ。

■キューバ、感染8233人に Cuba Debateの記事
キューバでの新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前日から60件増えて、8233人となった。同国保健省が29日、明らかにしたものだ。感染による死者は1人増えて134人となり、感染から回復した人は32人増えて7586人となった。現在国内では2人が、重症化した状態で医療機関で手当てを受けている。

■ウルグアイ、感染5511人に 970 Universalの記事
ウルグアイでの新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前日から208件増えて、5511人となった。同国保健省が28日、明らかにしたもので、一日の感染として過去最多を更新した。新たに66歳男性が死亡し感染による死者は75人となり、感染から回復した人は4185人となった。国内では現在、15人が重症化した状態だ。

■ガイアナ、感染5338人に Stabroek Newsの記事
ガイアナでの新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前日から38件増えて、5338人となった。同国保健省が28日、明らかにしたものだ。感染による死者は147人から変わっていない。この一週間で、陽性者は実に245人増えたことになる。この24時間に行なわれたPCR検査の件数は365件だ。

■グアテマラ、再びデモ BioBio Chileの記事
グアテマラでは28日、再びデモが行なわれた。前の週、首都では学生デモが暴徒化し、議会庁舎が焼き討ちに遭う事態となっている。今回のデモも前のデモと同じく、汚職やその姿勢への批判からアレハンドロ・ジアマッティ大統領の辞任を求めたものだ。中心部の広場には数千人が集まったとみられる。

■ブラジル、57都市で投票 ABC Colorの記事
ブラジルでは29日、57都市で首長を選ぶ決選投票が行なわれている。この中には同国を代表する都市であるサンパウロ、リオデジャネイロが含まれる。新型コロナウイルス(Covid-19)感染が爆発的に広がり、経済が再びマイナス成長となった中で行なわれる選挙となった。


【国際全般】

■パリ、デモで逮捕者46人に ABC Colorの記事
フランス、パリではデモの末、46人が逮捕された。新型コロナウイルス(Covid-19)対策で政府が封鎖の強化の姿勢を示したが、これに反対するデモが激化し、一部が暴徒化した。パリだけで4万6千人、全土では13万3千人が「自由のためのデモ」に参加したという。この事態で警察官ら23人も負傷した。



最近の記事