2020.12.03

【ボリビア】

■国内の感染、14万4994人に El Deberの記事
国内での新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前日から184件増えて、14万4994人となった。保健省が2日、明らかにしたものだ。感染による死者は9人増えて8972人となり、感染から回復した人は12万3673人に増えている。新たな感染のうち91件をサンタクルス県が占め、以下ポトシ県が33件、ラパス県が15件などとなっている。

■麻疹疑い例、7件に El Deberの記事
サンタクルス県では、麻疹(はしか)感染の疑い例が新たに7件、報告された。保健局が明らかにしたものだ。2000年以来、20年ぶりとなる麻疹感染が同県で確認され、すでに3件は確定している。麻疹は感染力が非常に強いが、ワクチンで抑止することが可能で、同局は未接種者、未感染者に対する接種を進めている。

■モラレス氏、ラパスへ El Díaの記事
エボ・モラレス氏が、亡命から帰国後初めて、ラパスを訪れた。昨年、大統領を辞任後亡命していたが、11月9日に帰国していた。以後、自宅のあるコチャバンバ県、郷里であるオルーロ県などを訪れていたが、実質首都であるラパスは訪れていなかった。来年3月の地方統一選に向けた運動で、訪問したものだ。

■アンデス議会、説明求める La Razónの記事
アンデス共同体(CAN)4か国によるアンデス議会は、米州機構(OEA)に対し説明を求めた。OEAが不正を訴えたことで昨年11月、エボ・モラレス氏が辞任した。しかしその後、不正の具体的根拠が示されないことなどを受け、ボリビア選出の同議会議長が説明を求めたものだ。

■カッソ氏、会長職に復帰 La Razónの記事
国営ボリビアーナ航空(BoA)の会長職に、ロナルド・カッソ氏が復帰した。昨年11月、エボ・モラレス氏の辞任、亡命時、同政権とかかわりが深かったカッソ氏も亡命していた。MASが政権に復帰したことから、同氏もまさに「復権」した形となった。新型コロナウイルス(Covid-19)流行を受け、BoAも厳しい局面にある。

■ヤパカニ、封鎖続く El Deberの記事
サンタクルス県のヤパカニでの道路封鎖は、続いている。物流事業者らが、道路環境の向上などを求め、行政やボリビア道路管理局(ABC)に要求行動をとっているものだ。封鎖されているのはサンタクルスとコチャバンバを結ぶ幹線道路で、影響が広がっている。ABC側は3日に、直接協議を行なう方針を示している。

■アギナルド、21日までに El Díaの記事
政府は、アギナルド(クリスマス手当て)をこの21日までに支払うよう、国内すべての事業者、使用者に求めた。与党MASは、賃金生活者の生活向上を理由に前政権時時代には、アギナルドの倍払いなどを定めていた。今期についても、確実な支払いを求め、支払いの遅れは認めないとの姿勢を示した。

■ラパス、火災が増加 El Díaの記事
ラパスでは今期、火災件数が増加しているという。消防側が明らかにしたものだ。市内中心部では歴史的建造物から出火し、エルアルトとソナスールから第二第三出動をする事態が起きたばかりでもある。消防によると今期、昨季に比べて火災件数は60%もの増加を示しているという。

■レビジャ市長、戸惑い示す La Razónの記事
ラパスのルイス・レビジャ市長は、戸惑いを示した。ルイス・アルセ政権は政令4404号を公布し、新型コロナウイルス(Covid-19)で冷え込んだ経済活動の再開を指示した。しかしラパスは経済を完全に動かせば感染が爆発的に拡大するおそれがあるとして、このバランスに頭を悩ませているとした。

■音楽演奏家ら、再開を探る El Díaの記事
フォルクローレ音楽の演奏家らが、活動再開の機会を探っている。新型コロナウイルス(Covid-19)流行の影響で、演奏活動などはストップした状態にある。政府は文化活動再開にゴーサインを出したが、再開をめぐり文化相と交渉したい姿勢を示した。フォルクローレ音楽とダンスは、ボリビア国民の文化資本だ。


【ペルー】

■国内の感染、96万5228人に RPPの記事
国内での新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前日から1623件増えて、96万5228人となった。保健省が1日、明らかにしたものだ。感染による死者は65人増えて3万6031人となり、感染から回復した人は89万6978人となった。現在国内では4022人が医療機関に入院し、このうち958人が人工呼吸器を装着した状態だ。

■ケンジ氏に尋問 Télamの記事
司法はアルベルト・フヒモリ元大統領の次男、ケンジ・フヒモリ氏に対する尋問を行なう。2017年、当時のクチンスキー政権に対する、議会の弾劾の際に、ケンジ氏が票の工作、買収を行なった疑惑がある。この解明のため、最高裁で同氏に対する尋問が行われることとなった。

■マチュピチュ、増枠へ Gestionの記事
国内随一の観光地、マチュピチュ遺跡公園の入園者の増枠が図られる。11月から観光が再開されたが、新型コロナウイルス(Covid-19)感染対策で通常上限の30%にあたる625人が、一日の上限とされている。12月はこれが50%に緩和され、一日上限は1116人となる。年内は、入園料は無料となる。

■乗客、感染対策の不備告発 Correo Perúの記事
LATAMペルーの国内線の便の利用者らが、新型コロナウイルス(Covid-19)感染対策の不備を告発した。リマ発アレキパ行きの便で、搭乗前に乗務員から「咳、発熱などの症状がある者は搭乗できない」との説明があったものの、明らかに異変がある男性乗客がいたという。現時点でこの男性が感染していたかどうかは不明だ。


【チリ】

■国内の感染、55万3898人に Tele13の記事
国内での新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前日から1035件増えて、55万3898人となった。保健省が2日、明らかにしたものだ。感染による死者は8人増えて1万5438人となり、感染から回復した人は52万9501人に増えている。現在国内では694人が医療機関に入院し、このうち562人が人工呼吸器を装着した状態だ。

■日蝕、国立公園などオープンへ BioBio Chileの記事
14日の日蝕観測の際、国内の国立公園やモニュメント、保護区などは開かれる。この日、国内の広い範囲で日蝕が確認でき、とくに第9(ラ・アラウカニア)州では皆既日蝕となる。多くの人が観測をし、また観測のため多くの観光客が国内を訪れる見通しだ。国立公園などでの観測を可能とするため、この措置をとる。


【アルゼンチン】

■国内の感染、144万103人に La Noticia1の記事
国内での新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前日から7533件増えて、144万103人となった。保健省が2日、明らかにしたものだ。感染による死者は228人増えて3万9156人となり、感染から回復した人は126万8358人となっている。国内医療機関の集中治療ベッド使用率は56.0%、ブエノスアイレスは60.6%だ。

■スプートニクVも生産へ Télamの記事
ロシアで開発された対新型コロナウイルス(Covid-19)ワクチン、「スプートニクV」も、国内で生産されるという。国内ではアストラゼネカ社が開発したワクチンの生産も行なわれるが、これと並行してスプートニクVも生産される。アルベルト・フェルナンデス政権は、ワクチンには「イデオロギーはない」と断じている。

■AR-アウストラル、合併完了 Actualidad Aeroespecialの記事
アルゼンチン航空とアウストラル航空の合併手続きが完了した。ともに国営である同社について、政府が合併させる方針を示し、手続きが進められていた。航空当局からこの認可が下り、同一事業体としての運航が認められることとなった。両社の組合の間で反対運動が起きたが、その後双方が受け入れていた。

■バリロチェ、病院会議 Télamの記事
バリロチェで、市内すべての公共病院による会議が行なわれた。市内医療機関も、新型コロナウイルス(Covid-19)への厳しい対応が続くが、この会議では行政などに対し、医療コンディションの向上につながるような支援強化などを求めることが採択されている。


【エクアドル】

■国内の感染、19万4876人に El Universoの記事
国内での新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前日から1203件増えて、19万4876人となった。保健省が2日、明らかにしたものだ。感染による死者は確定しているのが9103人、推定されているのが4459人で、合わせて61人増の1万3562人となっている。すでに16万9804人は感染から回復している。

■再感染2例、再発1例 El Comercioの記事
国内では新型コロナウイルス(Covid-19)に感染後に回復し、その後再感染した事例が2例、報告されている。保健省が2日、明らかにしたものだ。さらに感染者が一度陰性となり、その後再び陽性となった再発の事例も1例、報告されている。再感染、再発のいずれについても、メカニズムなどは分かっていない。


【コロンビア】

■国内の感染、133万4089人に Dineroの記事
国内での新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前日から9297件増えて、133万4089人となった。保健省が2日、明らかにしたものだ。感染による死者は183人増えて3万7117人となり、感染から回復した人は122万5635人となった。この24時間に行なわれたPCR検査の件数は3万6016件、抗原検査は2万135件だ。

■メデジン市長、地下鉄に関心 RCN Radioの記事
国内第2の都市、メデジンのダニエル・キンテロ市長が、地下鉄整備に関心を示している。市内では25年前から、都市交通型の鉄道「メトロ」があるが、いずれも高架式となっている。同市長は、新たな路線整備を地下鉄方式で行なうことを念頭に、調査を開始する姿勢を示した。


【ベネズエラ】

■国内の感染、10万2621人に Efecto Cocuyoの記事
国内での新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前回発表から227件増えて、10万2621人となった。ニコラス・マドゥロ体制側が明らかにしたものだ。感染による死者は4人増えて901人となり、感染から回復した人は9万7562人となっている。新たな感染のうち国外からの持ち帰り事例は36件だ。

■ロペス氏、バイデン氏に望む Infobaeの記事
スペインに亡命した野党指導者レオポルド・ロペス氏は、米国のジョー・バイデン次期大統領への期待を示した。現トランプ政権はニコラス・マドゥロ体制に対し圧力をかけ、ベネズエラの「民主化」を支持した。バイデン政権になっても、この姿勢が継続されることをロペス氏は強く望んだ。

■通貨、ひと月で50%下落 RunRunの記事
通貨ボリバール・ソベルノはこの11月、対米ドルで50.90%下落した。中央銀行が示したデータで明らかになったものだ。月初め、1ドルは51万5919Bsだったが、30日には105万811Bsとなった。ニコラス・マドゥロ体制の経済失政による通貨暴落が続いているが、この月はきわめて顕著に進んだ形となった。

■軍人と兵、40人解放 El Díaの記事
収監されたり拘束を受けたりしていた、軍人や兵40人が、解放されたという。人権団体などが明らかにし、歓迎を示したものだ。解放された中には、政治犯も含まれているという。軍はニコラス・マドゥロ体制の後ろ盾となっており、内部できわめて厳しい態度がとられていることが伝えられている。


【ラテンアメリカ・カリブ海】

■ブラジル、感染643万6633人に Globoの記事
ブラジルでの新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前日から4万8107件ふえて、643万6633人となった。同国保健省が2日、明らかにしたものだ。感染による死者は669人増えて、17万4531人となっている。この一週間の一日平均の感染者は3万8534人、死者は533人だ。

■メキシコ、感染112万2362人に Infobaeの記事
メキシコでの新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前日から8819件増えて、112万2362人となった。同国保健省が1日、明らかにしたものだ。感染による死者は825人増えて10万6765人となり、感染から回復した人は82万9817人に増えている。国内医療機関の集中治療ベッド使用率は39%となっている。

■パナマ、感染16万7311人に Telemetroの記事
パナマでの新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前日から1505件増えて、16万7311人となった。同国保健省が1日、明らかにしたものだ。感染による死者は19人増えて3098人となり、感染から回復した人は14万5518人に増えている。現在国内では1041人が医療機関に入院し、このうち166人が重症化した状態だ。

■ドミニカ共和国、感染14万5197人に Diario Libreの記事
ドミニカ共和国での新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前日から895件増えて、14万5197人となった。同国保健省が2日、明らかにしたものだ。感染による死者は2334人となり、感染から回復した人は11万5611人となっている。現在国内では767人が医療機関に入院し、このうち185人が重症化した状態だ。

■コスタリカ、感染14万172人に El Mundoの記事
コスタリカでの新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前日から534件増えて、14万172人となった。同国保健省が1日、明らかにしたものだ。感染による死者は1731人となり、感染から回復した人は8万7721人に増えている。現在国内では571人が医療機関に入院し、このうち224人が重症化した状態だ。

■グアテマラ、感染12万3460人に Prensa Libreの記事
グアテマラでの新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前日から686件増えて、12万3460人となった。同国保健省が2日、明らかにしたものだ。感染による死者は13人増えて4191人となり、感染から回復した人は11万2181人に増えている。人口10万人当たりの感染は732.3人、死者は24.9人だ。

■ホンジュラス、感染10万8641人に Procesoの記事
ホンジュラスでの新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前日から388件増えて、10万8641人となった。同国保健省が1日、明らかにしたものだ。感染による死者は9人増えて2927人となり、感染から回復した人は483人増えて4万8556人となった。現在国内では589人が医療機関に入院し、このうち128人が重症化した状態だ。

■パラグアイ、感染8万3479人に ABC Colorの記事
パラグアイでの新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前日から1055件増えて、8万3479人となった。同国保健省が1日、明らかにしたものだ。感染による死者は15人増えて1771人となり、感染から回復した人は496人増えて5万8949人となった。現在国内では855人が医療機関に入院し、このうち142人が重症化した状態だ。

■ハイチ、感染9303人に Haiti Libreの記事
ハイチでの新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前回発表から7件増えて、9303人となった。同国保健省が2日、明らかにしたものだ。感染による死者は233人から変わらず、感染から回復した人は29人増えて8052人となった。この24時間に行なわれたPCR検査の件数は162件で、総件数は3万6405件となった。

■キューバ、感染8456人に Cuba Debateの記事
キューバでの新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前日から75件増えて、8456人となった。同国保健省が2日、明らかにしたものだ。感染による死者は136人から変わらず、感染から回復した人は56人増えて7714人となっている。現在国内では4人が重症化した状態で医療機関で手当てを受けている。

■ウルグアイ、感染6024人に 970 Universalの記事
ウルグアイでの新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前日から168件増えて、6024人となった。同国保健省が1日、明らかにしたものだ。リベラで82歳の男性が死亡して感染による死者は78人となり、感染から回復した人は4483人に増えている。現在国内では22人が、重症化した状態だ。

■ウルグアイ、新たな制限へ BioBio Chileの記事
ウルグアイのルイス・ラカジェ・ポウ大統領は、新たな制限の実施を発表した。同国では新型コロナウイルス(Covid-19)感染はある程度抑止されてきたが、今ここにきて感染数が劇的に増えている。感染対策としてナイトクラブやバーなどの営業を24時までとする措置を発動し、違反した場合は罰金を科すとした。

■アレシボ天文台が倒壊 ABC Colorの記事
プエルトリコにあるアレシボ天文台が倒壊した。57年間にわたり天体観測を続けてきた巨大電波望遠鏡のプラットフォームが崩壊したものだ。今年8月10日と11月6日の2度、これを支えるケーブルが盗まれる事件があり、この盗難によりバランスを崩したとみられる。元世界最大の望遠鏡の、最後となった。

■ニカラグア野党、時間との闘い 100% Noticiasの記事
ニカラグアの野党にとっては、時間との闘いとなっている。ダニエル・オルテガ大統領が率いる与党サンディニスタ党が強力で、野党は埋没しかけている。さらにオルテガ政権からの弾圧も続いており、各党の思惑も入り乱れ、来る総選挙に向け一枚岩になり切れない状態となっている。

■インテルジェット、欠航続く El CEOの記事
メキシコのLCC、インテルジェットの便は2日も欠航が続いた。同社は1日、全便をキャンセルしたが、2日にも多くの便が同様の状況となった。11月28日以降、欠航の影響を受けた利用客は5千人に達している。同社は財政上の問題を抱え、ジェット燃料費の支払いにも窮した状態にある。

■エンカルナシオン、カルナバル中止 ABC Colorの記事
パラグアイ、エンカルナシオンでのカルナバル2021は、中止となった。市側が判断したものだ、新型コロナウイルス(Covid-19)の感染拡大の影響と、このパンデミックによる経済的影響から判断したという。ブラジル、リオのカーニバルは同年7月頃に延期の予定で、ボリビア、オルーロのカルナバルは未定だ。


【国際全般】

■スペイン、感染166万5775人に Última Horaの記事
スペインでの新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前日から9331件増えて、166万5775人となった。同国保健省が2日、明らかにしたものだ。感染による死者は273人増えて、4万5784人となっている。現在国内では1万3567人が医療機関に入院し、このうち2485人が重症化した状態だ。


【サイエンス・統計】

■国連、医療マリファナ容認 El Universoの記事
国連は、医療用のマリファナ(大麻草)について、使用を容認した。これまで国連はマリファナについては1961年以降、危険な薬物と位置づけ、緩和ケアなど医療使用についても否定的だった。しかし今、医療での使用を容認する国が増え、この態度を改めたことになる。



最近の記事