2020.12.08

【ボリビア】

■国内の感染、14万5657人に El Deberの記事
国内での新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前日から97件増えて、14万5657人となった。保健省が7日、明らかにしたものだ。感染による死者は2人増えて8997人となり、感染から回復した人は182人増えて12万4981人となった。新たな感染のうちサンタクルス県が55件を占め、コチャバンバ県が16件、ポトシ県が14件で続く。

■警察官178人が感染で死亡 El Deberの記事
新型コロナウイルス(Covid-19)感染により、これまでに178人の警察官が命を落としたという。警察側が7日、明らかにしたものだ。国内では7月から9月にかけての感染ピーク時、多くの警察官が感染した。現時点で18人が感染状態で、このうち14人ラパス県、残りはチュキサカ、ベニ、オルーロ県だ。

■ペルー外相が来暮 El Díaの記事
ペルーのエリサベス・アステテ外相が来暮した。ラパスでルイス・アルセ大統領と会談し、両国関係の強化などについて話し合った。この中で、ペルー南部のイロ港をボリビアの外港とする件や、両国を結ぶパイプラインの創設などについて、具体的な協議を行なったという。

■アニェス、CIDHとの面会求める Página Sieteの記事
ヘアニネ・アニェス前大統領が、米州機構(OEA)の人権機関CIDHの特使らとの面会を求めた。政権交代後、同氏は数々の脅迫を受けていることを明らかにした。自身に対する人権侵害が起きているとしてこの面会を求めたものだ。同氏は退任後、地元のベニ県で過ごしている。

■アニェス氏への追及を優先 El Deberの記事
政権与党のMASは、ヘアニネ・アニェス前大統領への追及を優先させる姿勢を示した。昨年11月に起きた混乱をMASは右派、野党勢力による「クーデター」と位置づけている。この責任追及の対象の元閣僚2人が国外逃亡したことから、国内にとどまるアニェス氏への追及を優先させるとした。

■在ベネズエラ大使館、再開 Correo del Surの記事
ベネズエラ、カラカスのボリビア大使館が再開された。ヘアニネ・アニェス前政権時代に閉鎖されたこの大使館だが、ルイス・アルセ大統領は早期再開の姿勢を示していた。6日の選挙立ち合いでエボ・モラレス氏、アンドロニコ・ロドリゲス上院議長が同国を訪れており、この機会に再開されたという。

■保健局、市民に協力求める El Deberの記事
サンタクルス県の保健局は、市民に協力を求めた。県内では、2000年以来20年ぶりとなる、麻疹(はしか)感染例が確認され、新たな感染疑い事例も相次いでいる。流行を避けるため、同県ではワクチン接種が展開されている。同局は、感染抑止の上で市民の理解、協力が必要だと断じた。

■ボリビアの農夫、チリで逮捕 El Deberの記事
ボリビアの42歳の農業従事者の男性が、チリで逮捕された。この農夫は農産物を同国のアントファガスタにトラックで輸送していたが、この中にマリファナ(大麻草)20キロ450グラムを隠していたという。現時点でこの男性が、組織に関与したか、個人でこの犯罪に手を染めたかは不明だ。

■カカオ、じわりと増産 Página Sieteの記事
国内ではカカオ生産が、じわりと増加している。熱帯地方はこの生産に適した気候であり、とくに違法コカ葉生産地で、カカオへの転作が相次いでいる。チョコレートの世界的需要増を受け、カカオの需要も激増しており、世界市場側もこの増加を生産地に要請している状況にある。

■パネトン、150種を「適」 La Razónの記事
ラパス市は、パネトン(パネットーネ)150種を「適」とした。国内ではこのスポンジケーキは、クリスマスに欠かせない食材の一つとなっている。この時期に販売が激増するが、一方で毎年、粗悪品の混入が問題となっている。市側が生産現場と商品を調べ、消費に適する銘柄150を認定したものだ。


【ペルー】

■国内での感染、97万3912人に RPPの記事
国内での新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前日から1224件増えて、97万3912人となった。保健省が6日、明らかにしたものだ。感染による死者は43人増えて3万6274人となり、感染から回復した人は90万7654人に増えている。現在国内では3841人が医療機関に入院し、このうち987人が人工呼吸器を装着した状態だ。

■パンアメリカン道、封鎖解除 El Comercioの記事
リマ以南のパンアメリカン道の封鎖は、解除された。イカ県の警察が明らかにしたものだ。鉱山会社の大量馘首に抗議する社会闘争で、イカ県内などで道路封鎖が行なわれていたが、解除となったという。国内では北部では、農業層の社会闘争で道路封鎖が行なわれている。


【チリ】

■国内の感染、56万2142人に Racio Conciertoの記事
国内での新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前日から1760件増えて、56万2142人となった。保健省が7日、明らかにしたものだ。感染による死者は35人増えて1万5663人となり、感染から回復した人は53万6267人に増えている。現在国内では657人が医療機関に入院し、このうち508人が人工呼吸器を装着した状態だ。

■ビーチでマスクなし、摘発する El Díaの記事
セバスティアン・ピニェラ大統領は、国内のビーチでマスクなしの人がいたら、摘発するとした。新型コロナウイルス(Covid-19)対策で公共スペースでのマスク着用が義務づけられており、これから夏を迎えシーズン本番となるビーチもこの対象であると断じたものだ。違反した場合、最大で20万ペソの罰金が科せられる。


【アルゼンチン】

■国内の感染、146万6309人に La Noticia1の記事
国内での新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前日から3119件増えて、146万6309人となった。保健省が7日、明らかにしたものだ。感染による死者は118人増えて3万9888人となり、感染から回復した人は130万696人となっている。国内医療機関の集中治療ベッド使用率は54.8%、ブエノスアイレスは58.9%だ。

■コレクティーボ、減便通告 Télamの記事
ブエノスアイレスのコレクティーボ(路線バス)運行会社は、9日からの減便を通告した。バス会社の職員らがインフレにともなう賃金の引き上げを求めており、運営会社側もこのための運賃引き上げを求めている。しかし市側がこれを認めないことから、抗議の意味をこめて「適切な便数にとどめる」としたものだ。

■サンタ・フェ、パラグライダー事故 La Nacionの記事
サンタ・フェ州のエスペランサで、パラグライダーの事故が起きた。55歳の男性が、相当のスピードで地面にたたきつけられたもので、男性は心停止の状態で医療機関に運ばれたが、その後死亡が確認された。この男性はインストラクターを務め、パラシュート降下には慣れていたはずだったという。

■メモリアル企画、続々と Télamの記事
11月25日に死去したアルゼンチンフットボールの英雄、ディエゴ・マラドーナ氏のメモリアル企画が、次々と浮上している。SNSでは同氏の肖像を使用した紙幣や切手の発行を求める声が上がっている。具体化はしていないが、中央銀行、郵便会社ともにこの計画に関心を示している状況だ。


【エクアドル】

■国内の感染、19万8244人に El Comercioの記事
国内での新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前日から246件増えて、19万8244人となった。保健省が7日、明らかにしたものだ。感染による死者は確定しているのが9269人、推定されているのが4511人で、合わせて1人増えて1万3780人となった。県別でもっとも感染者が多いのはキトを含むピチンチャ県で7万970人だ。

■受け取り送金が減少 El Universoの記事
エクアドルが、国外から受け取る送金額が今年、減少している。中央銀行が明らかにしたものだ。国外に住む移民が国内家族に行なう送金は、国内総生産(GDP)のおよそ1割を占めるほどだ。しかし今年、新型コロナウイルス(Covid-19)流行で、移民の仕事にも影響が生じ、送金額そのものが大きく減っているという。


【コロンビア】

■国内の感染、137万7100人に Portafolioの記事
国内での新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前日から5997件増えて、137万7100人となった。保健省が7日、明らかにしたものだ。感染による死者は187人増えて3万7995人となり、感染から回復した人は126万7595人に増えている。この24時間に行なわれたPCR検査の件数は2万3345件、抗原検査は1万3767件だ。

■コロンビア、結果認めず Caracol Radioの記事
イバン・ドゥケ政権は、6日の議会選挙の結果を認めないと断じた。外務省が6日、明らかにしたものだ。この選挙は不正、非民主的そのものであり、結果を認めるに値しないとした。ドゥケ政権は国際社会と連携しながら、ニコラス・マドゥロ簒奪独裁体制への対応にあたるとした。


【ベネズエラ】

■国内の感染、10万4442人に El Universalの記事
国内での新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前回発表から265件増えて、10万4442人となった。ニコラス・マドゥロ体制側が明らかにしたものだ。感染による死者は3人増えて919人となり、感染から回復した人は9万9494人となっている。新たな感染のうち国外からの持ち帰り事例は11件だ。

■マドゥロ「パーフェクトな勝利」 ABC Colorの記事
ニコラス・マドゥロ氏は「パーフェクトな勝利だ」と断じた。6日、同体制のもとで議会選挙が行われたものだ。行政、司法をコントロールする同体制はこの選挙を通じ、立法をも支配しようとしている。野党がボイコットしており、同体制に「都合のいい結果」となるのは既定路線となっていた。

■82%が投票ボイコット El Universoの記事
国内有権者の実に82%は、投票をボイコットしたという。野党側が明らかにした数字だ。6日、野党ボイコットの中、議会議員選挙が行われたが、ほとんどの投票所は「閑古鳥が鳴いた」状態だった。フアン・グアイド暫定政権は不正選挙だとして国民にボイコットを呼びかけ、国民投票の実施を通告している。

■米国「明らかな不正」 Hondudiarioの記事
米国のマイク・ポンペオ国務長官は、6日の議会議員選挙が「明らかな不正」であったと断じた。同長官はこの選挙には自由も民主性もなく、マドゥロ体制が集客し信認させただけのものだと断じた。米国政府はこの投票以前から、この選挙結果を認めないと断じている。

■グアイド「国民は背を向けた」 ABC.esの記事
フアン・グアイド暫定大統領は、この6日の議会議員選挙について「多数の国民は、ニコラス・マドゥロ体制に背を向けた」と表した。同氏はこの選挙がさまざまな不正のもとで、非民主的、非自由に行なわれたものであると断じた。国民とともにマドゥロ体制の「不正」を明るみにする必要があると断じた。

■カプリレス氏「投票は食料欲しさ」 NTN24の記事
元ミランダ州知事で野党指導者のエンリケ・カプリレス氏は、「投票した有権者は食料欲しさだった」と断じた。カプリレス氏の陣営は、この選挙に参加した数少ない野党の一つだ。しかしマドゥロ体制が、投票所で食料などを配るなどして「人集め」をしていた事実を指摘し、まっとうな選挙ではなかったと表した。

■16か国、結果認めず El Díaの記事
ラテンアメリカ、カリブ海の16か国が、6日の投票結果を認めないとした。不承認を宣言したのはブラジル、カナダ、チリ、コロンビア、コスタリカ、エクアドル、エルサルバドル、グアテマラ、ガイアナ、ハイチ、ホンジュラス、パナマ、パラグアイ、ペルー、ドミニカ共和国、サンタルシアだ。

■英国とEUも結果認めず El Universoの記事
英国と欧州連合(EU)も、6日の投票結果を認めない。英国のラアブ外相は7日、この結果を認めず、引き続きフアン・グアイド暫定大統領を承認すると発表した。同外相はこの選挙について、公正性がなく防いだと断じている。EUは事前に通告した通り、この結果を受け入れないと表した。


【ラテンアメリカ・カリブ海】

■ブラジル、感染662万8065人に Globoの記事
ブラジルでの新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前日から2万5123件増えて、662万8065人となった。同国保健省が7日、明らかにしたものだ。感染による死者は426人増えて、17万7388人となっている。この一週間の一日平均の感染者は4万1584人、死者は603人となっている。

■メキシコ、感染117万5850人に Sol de Méxicoの記事
メキシコでの新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前日から7455件増えて、117万5850人となった。同国保健省が6日、明らかにしたものだ。感染による死者は261人増えて10万9717人となり、感染から回復した人は86万6186人に増えている。国内医療機関の集中治療ベッド使用率は39%、人工呼吸器は33%だ。

■パナマ、感染17万7719人に Telemetroの記事
パナマでの新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前日から1812件増えて、17万7719人となった。同国保健省が6日、明らかにしたものだ。感染による死者は20人増えて3193人となり、感染から回復した人は15万2890人に増えている。現在国内では1319人が医療機関に入院し、このうち161人が重症化した状態だ。

■ドミニカ共和国、感染14万9138人に El Díaの記事
ドミニカ共和国での新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前日から685件増えて、14万9138人となった。同国保健省が7日、明らかにしたものだ。感染による死者は1人増えて2346人となり、感染から回復した人は11万7402人に増えている。国内医療機関の集中治療ベッド使用率は43%、人工呼吸器は29%だ。

■グアテマラ、感染12万5674人に Prensa Libreの記事
グアテマラでの新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前日から125件増えて、12万5674人となった。同国保健省が7日、明らかにしたものだ。感染による死者は24人増えて4274人となり、感染から回復した人は11万4697人に増えている。人口10万人当たりの感染は745.5人、死者は25.4人だ。

■ホンジュラス、感染11万1023人に Hondudiarioの記事
ホンジュラスでの新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前日から300件増えて、11万1023人となった。同国保健省が6日、明らかにしたものだ。感染による死者は1人増えて2946人となり、感染から回復した人は145人増えて4万9956人となった。現在国内では577人が医療機関に入院し、このうち134人が重症化した状態だ。

■パラグアイ、感染8万7920人に ABC Colorの記事
パラグアイでの新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前日から707件増えて、8万7920人となった。同国保健省が6日、明らかにしたものだ。感染による死者は20人増えて1853人となり、感染から回復した人は665人増えて6万1948人となった。現在国内では737人が医療機関に入院し、このうち139人が重症化した状態だ。

■エルサルバドル、感染4万345人に Solo Noticiasの記事
エルサルバドルでの新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前日から214件増えて、4万345人となった。同国保健省が7日、明らかにしたものだ。感染による死者は5人増えて1164人となり、感染から回復した人は3万6735人となっている。この24時間に行なわれたPCR検査の件数は2405件だった。

■キューバ、感染8906人に Cuba Debateの記事
キューバでの新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前日から124件増えて、8906人となった。同国保健省が7日、明らかにしたものだ。感染による死者は136人から変わらず、感染から回復した人は34人増えて7997人となった。現在国内では10人が、重症化した状態で医療機関で手当てを受けている。

■ウルグアイ、感染7303人に Repúblicaの記事
ウルグアイでの新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前日から339件増えて、7303人となった。同国保健省が6日、明らかにしたもので、一日の感染者数は過去最多を更新した。感染による死者は1人増えて82人となり、感染から回復した人は5062人に増えている。現在国内では26人が重症化した状態だ。

■ガイアナ、感染5665人に Stabroek Newsの記事
ガイアナでの新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前日から28件増えて、5665人となった。同国保健省が6日、明らかにしたものだ。新たに81歳と55歳の男性2人が死亡し、感染による死者は153人となった。現在国内では28人が重症化した状態で医療機関で手当てを受けている。


【国際全般】

■スペイン、感染170万2328人に Última Horaの記事
スペインでの新型コロナウイルス(Covid-19)感染は前回発表から1万7681件増えて、170万2328人となった。同国保健省が7日、明らかにしたものだ。感染による死者は394人増えて、4万6646人となっている。この一週間で国内では4万4152人、二週間では10万1153人の感染が明らかになっている。



最近の記事