スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.11.09

【ボリビア】

■エボ「錫のほうが心配」 Página Sieteの記事
エボ・モラレス大統領は、原油価格よりも錫の国際価格の下落のほうを、憂慮しているという。原油価格の下落について大統領は、「影響はあるが、大きなものではない」と国民に冷静な対応を求めた。しかし80年代にボリビアの経済を支えた錫については、影響が大きいとして政権も推移を注視していることを明らかにした。

■3月の選挙は400種類 Página Sieteの記事
選管は来年3月29日に投票が行われる地方選挙の種類が、400にのぼることを明らかにした。国内では10月12日に大統領、議会議員選挙が行なわれたが、今度は知事、地方首長や地方議会議員選挙が行なわれる。この種類が、実に400を超え、周到な準備が必要との見方を示した。

■キューバ派遣医師らが帰国 Página Sieteの記事
政府がキューバに派遣した医師らが、帰国した。キューバは地域の医療先進国で、ボリビア保健省は、西アフリカで感染が広がるエボラへの対策、備えのため医師らを研修派遣したものだ。一連のプログラムを終え、医師らは国内に戻ったという。国内でもこの感染症の上陸に備え、準備が進められている。

■キヌアの対米輸出が激減 La Razónの記事
ボリビアから米国への、キヌアの輸出が激減したという。キヌア輸出業議会Cabolquiが指摘したものだ。2013年に米国市場で消費されたキヌアの65%をボリビアが占めたが、今年は46%まで下がっている。逆にペルーは2013年の23%から、今年は40%まで増やした。ペルーからの強い売り込み攻勢の煽りを受けたとみられている。

■タリハでバス事故 Página Sieteの記事
タリハ県でバス事故があり、3人が死亡した。7日17時頃、タリハ市からサンホセシートに向かっていたバスが、県都から25キロのフナカスで道路を外れ、転落したという。この事故により3人が死亡し、25人が負傷している。現在のところ、事故原因などについては分かっていない。

■CBBA、過去最高気温 Página Sieteの記事
コチャバンバ市では8日、過去もっとも高い気温を記録したという。この日、全国的に気温が高まったが、コチャバンバでは摂氏35.5度と、1997年に記録した過去最高の34.8度を上回った。この日、サンタクルスとコビッハで34.2度、タリハで33.0度、ラパスでも26.0度を記録している。

■オルーロ、チャルケカン祭 La Patríaの記事
オルーロでは8日と9日、2回めとなる「チャルケカン祭」が開催される。チャルケカンは、リャマの干し肉を使用した郷土料理だ。市内の市民通りで、およそ50の店などが参加し、この料理をふるまう。この祭は今年2月のカルナバルに開催され好評を博し、今回再びの開催となったものだ。


【ペルー】

■クスコ、地下マップ Página Sieteの記事
クスコでは来年から、「地下マップ」づくりが始められるという。インカの古都であるこの町の地下には、過去の街並みが舞埋蔵された歴史があり、これをひもとく地図を考古学者らが中心となり、作成するというものだ。1553年にスペインが到来する前の姿を、地図上に浮かび上がらせることになる。


【チリ】

■事故に遭ったピューマ、死す BioBio Chileの記事
第12(マガジャネス)州のトーレス・デル・パイネ国立公園内で事故に遭ったピューマが、手当てもむなしく死んだという。このピューマは野生のもので、先週この公園内の道路で、車に撥ねらて重傷を負った状態で見つかった。この保護動物を撥ねた車の持ち主は特定されていないという。


【アルゼンチン】

■ハゲタカ、47億ドルを要求 Clarín.comの記事
ハゲタカファンドは、アルゼンチン政府に対し現段階で47億ドルの支払いを求めている。2001年に経済危機に陥ったアルゼンチンは、債務者との間で債務支払いについて合意し、支払いがなされていた。しかしハゲタカファンドがこれらの債権を買いたたき、この6月以来要求を強めているものだ。アルゼンチンは再び、債務不履行の危機にある。

■リスティナ、退院目処立たず Clarín.comの記事
クリスティナ・フェルナンデス大統領の退院の目処が立たない。先週末、激しい腹痛と高熱から同大統領はブエノスアイレス市内の病院に入院した。感染性の腸炎とみられ、大統領府は容体が安定し、回復に向かっていると説明している。今の段階で、オリーボスの大統領官邸にいつ戻れるか、分からないという。


【エクアドル】

■アロアグ、事故で31人死傷 El Universoの記事
アロアグとサント・ドミンゴを結ぶ道路でバス事故があり、15人が死亡、16人が負傷した。マンタからキトに向かっていたパナメリカーナ社のバスが、ラ・ビルヘン付近で事故を起こしたものだ。重傷者の一部はキト市内に救急搬送されている。この事故の影響で、キトとマナビ県を結ぶ道路の通行が規制された。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。