2016.05.13

【ボリビア】

■エボ、クーデターと非難 El Díaの記事
エボ・モラレス大統領はツイッターを通じ、「民主主義に対するクーデター」と批判した。ブラジル上院は11日、ジルマ・ルセフ大統領への弾劾裁判開始を可決し、同大統領は180日間の職務停止となることになった。モラレス大統領はこのツイートで、ブラジルと南米の経済にも重大な影響を及ぼすと警告している。

■ペルーとの共同閣議、延期へ La Razónの記事
ボリビア、ペルー両国は、24日にスクレで予定していた「共同閣議」の無期限延期を発表した。昨年、ティティカカ湖畔のプーノで行われた共同閣議が、再び予定されていた。両国間の関係強化や薬物対策、イロ港湾などについて話し合われる予定だった。ボリビア外務省は、この延期の理由については明らかにしていない。

■在英ボリビア大使、バチェレに質問 El Deberの記事
在英ボリビア大使が、同国を訪れたチリのミチェル・バチェレ大統領に、厳しい質問を浴びせたという。ロベルト・カルサディーリャ大使が質問したのは、両国関係についての考え方だ。国交を持たない両国の関係は、現在きわめて難しい局面にある。それでもバチェレ大統領は「前向きな関係を築けるよう、努力する」と述べた。

■ボリビアとチリ、相互に否定 El Díaの記事
ボリビアとチリは相互に批判し、相互に否定している。エボ・モラレス大統領は、チリがボリビア国境近くに基地を設けようとしていると批判した。これに対しチリ側もボリビアを同じ内容で批判している。レイミ・フェレイラ国防相は、ボリビアが整備しようとしているのは連絡のための施設で基地ではないと、チリ側の批判を否定した。

■アチャコリョ文書解明を El Díaの記事
野党は、ネメシア・アチャコリョ元大臣に関する疑惑解明を、政府や検察に求めた。同元大臣は、インディヘナ基金の私的流用の疑惑が指摘され、辞任に追い込まれている。野党は「パナマ文書」のように、同氏についての資料が政界の闇資金の流れの解明につながるとして、徹底的な捜査を求めた。

■チリ国境、80人救出 La Razónの記事
ボリビア、チリ国境エリアで、身動きがとれなくなっていた80人が救出された。標高4千メートルを超える同地域で大雪となり、道路が塞がれ車輛通行が難しい状態となった。ボリビア側、チリ側双方で救出活動が行なわれたもので、救出者らは頭痛や吐き気などの高度障害(高山病)の症状は示しているものの、命に別状はないという。

■スクレ空港、14日は全休 Correo del Surの記事
スクレの空港はこの14日、全便の運航が休止となるという。空港の管理側が明らかにしたものだ。この空港は同日をもって廃止となり、15日からはアルカンタリ新空港が稼働する。駐機を避け、移転作業を円滑に行なうため、この14日は全便が運休となる。新空港は3200メートルの滑走路を持ち、国際線の就航も可能となる。

■ベニ、薬物機摘発 El Díaの記事
ベニ県で、薬物輸送に使用されたとみられる小型機15機が摘発された。警察の薬物捜査課が、トリニダ一帯での一斉摘発展開を行なったものだ。同時に、こうした機体の離着陸に使用されていたとみられる手製の滑走路も3個所、発見されている。この展開で、合わせて15人が拘束された。

■政府、アントファガスタ市長を批判 La Razónの記事
政府は、チリ、アントファガスタのカレン・ロホ・ベネガス市長を名指しで批判した。同市長は、チリへの口頭での攻撃を強めるエボ・モラレス大統領に対し「黙っとけ」と動画を通じて語った。フアン・ラモン・キンタナ大臣は同市長の発言に不快感を示し、その内容が植民地主義的であると強く批判した。

■3月の送金、6.6%増 El Díaの記事
この3月にボリビアが国外から受け取った送金の額は1億70万ドルと、前年同月比で6.6%増加した。中央銀行(BCB)が明らかにしたものだ。1~3月の受取送金は2億8400万ドルで、前年同期比で4.0%の増加となっている。仕向け国別ではスペインが43.4%、米国14.2%、アルゼンチン11.7%、チリ7.7%、ブラジル5.8%だ。

■野党、副大統領の詐称を追求 Página Sieteの記事
野党は、アルバロ・ガルシア・リネーラ副大統領の経歴詐称の追及を強めている。同副大統領が経歴において、実際には修了していない学科について「修了」と記載していたものだ。UD所属のジェルコ・ヌニェス上院議員は、マヨール・デ・サンアンドレス大学(UMSA)の資料を提示し、明らかなる詐称だと指摘した。

■モリカワ氏、アラライ湖に提言 Los Tiemposの記事
日系ペルー人で環境生態学の専門家であるモリカワ・マリノ氏が、コチャバンバのアラライ湖再生に提言した。現地を訪れて語ったもので、水質浄化などのためナノ技術を応用することを勧めたという。同氏はティティカカ湖の水質浄化プロジェクトに携わっている。アラライ湖は染料や生活排水の流入で、汚染が進んでいることが指摘されている。

■エスカレラニダム、最低レベル Los Tiemposの記事
コチャバンバの水がめであるエスカレラニダムの水位が、過去最低レベルに下がっている。市の水道行政側が明らかにしたもので、このダムの貯水率は、およそ50%に下がっている。コチャバンバでは少雨が続いており、この状況が続けば水道水の供給体制に影響が生じるという。また隣接するワラワラダムも、水量低下が続いている。

■無形文化遺産15周年を祝う La Patríaの記事
オルーロのカルナバルを主催するフォルクローレ委員会は、15周年を祝う。この祭典は2001年5月18日、ユネスコ無形文化遺産に登録された。これを記念して18日に、市内ではダンスの披露や、ダンスに使用される衣装、仮面の展示などが行なわれる。この行事はラパスのグラン・ポデール、コチャバンバのウルクピーニャと並ぶ、フォルクローレ音楽の祭典だ。


【ペルー】

■大統領選、支持が拮抗 Los Andesの記事
大統領選で、進出した2候補の支持が拮抗している。調査会社Datumによると、国全体では両候補は支持を二分した状態にあるという。リマや国内北部ではケイコ・フヒモリ氏が、南部や中部ではペドロ・パブロ・クチンスキー氏が優勢となっている。決選投票は6月5日に、全国で行われる。

■クスコの落書き、容疑者特定 Correo Perúの記事
クスコ中心部で起きた落書きで、容疑者が特定されたとみられる。インカの壁8個所に「Koyo16」または「Kop16」と描かれる事件が起きた。防犯カメラの映像から、男女2人の関与が指摘されている。警察によると、書かれた文字の特徴から、ブラジルサンパウロの自称芸術家の男が落書きを行なった容疑が高まっているという。市側は防犯カメラ増設の方針を示した。


【チリ】

■またイワシの大量死 La Terceraの記事
第9(ラ・アラウカニア)州の海岸で、またイワシの大量死が起きた。ケウレの漁業者の団体が明らかにしたものだ。カレタ・ラ・バラ・デ・トルテンで、イワシ300トンが死んでいるのが見つかった。この地からわずか12キロの地点でも2万トンの魚が死ぬ事態が起きている。南部海岸では、プランクトン異常による赤潮で、漁業や養殖業が大きな被害を受けている。

■ハマ国境で車輛足止め La Terceraの記事
アルゼンチンとを結ぶハマ国境道で、車輛9台が雪のため身動きがとれなくなっている。第2(アントファガスタ)州のエル・ロアの行政が明らかにしたものだ。フフイ州とを結ぶこの国境道の国境付近で大雪となり、通行しようとした車輛が足止めされたという。これらの車からは、人々の救出作戦が展開された。


【アルゼンチン】

■1万6千台がパラグアイで給油 El Comercialの記事
パラグアイのエンカルナシオンに、1万6千台の車輛が給油に向かったとみられる。移民局が明らかにした数字だ。国内では1日から、ガソリン価格が大幅に引き上げられ、安価な隣国に給油に向かう車輛が5日頃から急増している。ポサーダスとエンカルナシオンを結ぶ国境橋には、長い車列ができている状態だ。

■キルチネルの名前を変更へ Clarín.comの記事
サラテの市議会は、バスターミナルにつけられた「ネストル・キルチネル」の名前を変更する方針だ。この名は、クリスティナ・フェルナンデス前大統領の夫である、元大統領の名前からつけられた。政権交代による「キルチネル時代」の評価が変わり、このターミナル名の変更が、議会で提案されているという。

■4月のインフレ、6.5% La Nacionの記事
ブエノスアイレスのこの4月の物価上昇は6.5%と、高い水準になった。市の機関が明らかにした数字だ。国内では南米ではベネズエラに次ぐインフレ率となっているが、この月には政府が財政健全化のための助成見直しなどを示し、物価上昇が著しく進んだとみられる。5月からはガソリン価格が引き上げられるなど、物価の上昇はさらに続く見通しだ。

■犬の飼い主に4年半の刑 Clarín.comの記事
ロマス・デ・サモラの司法は犬の飼い主に、4年半の実刑判決を言い渡した。獰猛な犬種とされるロットワイラーが、6歳の女児を襲い、顔などに重傷を負わせた事件を受けた裁判だ。2014年8月に起きたこの事件について、飼い主の過失を司法は認めている。ロットワイラーが人を襲う事故は、国内で多発している。

■トレーラー、2時間宙吊り La Nacionの記事
マル・デル・プラタで、トレーラーが2時間にわたり、宙吊りとなる事態が起きた。港湾の桟橋でこのトレーラーは事故を起こし、運転席のある牽引車部分が海に突き出される形になった。運転手に負傷はなかったが、この救出に2時間を要したという。この事故原因は、トレーラーのブレーキのかけ忘れとみられている。

■ポルノ映画館、閉鎖 Clarín.comの記事
ブエノスアイレスのミクロセントロにあるポルノ映画館が、閉鎖されられた。エスメラルダス通りにある独立系の映画館「ABC」の館内で、利用者同士のいかがわしい行為が繰り返し行われていたという。映画館側は、この行為のために「ダークルーム」を用意していたとみられる。


【エクアドル】

■観光相「失政だった」 El Universoの記事
ホセ・セラーノ観光相は、日曜のアルコール制限について「失政だった」と異例の発言をした。政府は治安対策などから2012年、日曜日にアルコール飲料の販売や提供を行なうことを規制していた。しかし今週、この撤廃が議会に提案されていた。同大臣によると、この制限により観光客のアトラクションの一つが損なわれ、影響が出ていたという。

■電子マネー、税率軽減 El Comercioの記事
議会は、電子マネー決済の場合、税率を軽減することを可決した。国内で物品を購入する場合、日本の消費税に相当する付加価値税(IVA)がかかる。4月16日の大地震からの復興予算確保のため、この税率は12%から14%に急遽、引き上げられた。しかし議会は、電子マネー決済の場合にはこの税率を10%に抑えることを決めた。


【コロンビア】

■ボゴタ、犬の里親探し Caracol Radioの記事
ボゴタでは11日、犬の里親探しのイベントが行われた。保健局と地元の大学が共同で実施したもので、飼い主を失った20匹について、新しい飼い主を求めた「お見合い」が行なわれたものだ。国内でも犬を飼う世帯が増えている一方で、飼えなくなり、棄てられる犬も少なくないという。


【ベネズエラ】

■略奪は複数都市で発生 La Voz de Galiciaの記事
略奪は、国内の複数都市で発生したという。マラカイの市営市場を市民5千人が襲い、商品を略奪する事態が起きたことが報じられた。しかしこの町だけでなく、カラカス近郊のグアティレなどでも同様の事態が起きたという。国内では経済失政で物資不足が蔓延している。米国のバイデン副大統領は、ベネズエラの国内情勢に重大な懸念を示した。


【ラテンアメリカ・カリブ海】

■ルセフ、180日間停職へ El Universoの記事
ブラジル上院議会は11日、ジルマ・ルセフ大統領への弾劾裁判開始を、賛成55、反対22で可決した。この可決により、ルセフ大統領は180日間、職務停止となり、テメル副大統領が大統領職を代行する。この可決を受けルセフ大統領は「この弾劾は違法であり、クーデターにあたる」と述べ、職務まっとうにあらためて意欲を示した。

■フエゴ火山、また噴火 Caracol Radioの記事
グアテマラのフエゴ火山がまた噴火した。首都の南西50キロにあるこの火山は、同国内でもっとも活発な活火山の一つだ。観測機関によるとこの噴火活動で、海抜4500メートルの高さまで噴煙が立ち上ったという。今の時点で周辺のコミュニティに、噴火の影響は出ていない。同国内には33の活火山が存在する。

■ANA、メキシコへ Caracol Radioの記事
全日空(ANA)は、2017年にもメキシコに乗り入れるという。12日、同社が明らかにしたもので、開設する予定なのは東京、成田空港とメキシコシティを結ぶ直行便だ。この路線は同社42番めの国際線で、ボーイング787型機を使用する予定だという。同社はすでに2015年7月に、メキシコシティ市内に事務所を設けている。

■ウルグアイ、若年層雇用の問題 El Observadorの記事
ウルグアイは、若年層の雇用の問題を抱えている。国際労働機関(ILO)のまとめで、ウルグアイの25歳以下の若者の失業率が28.9%と、ラテンアメリカ、カリブ海地域でもっとも高い水準にあることが分かった。国内の労働市場は昨年だけで、2万8千人減っており、そのしわよせがこの若い世代に集中したとみられる。

■エルサルバドル、4人に1人はニート El Salvadorの記事
エルサルバドルの16歳から29歳の若者のうち、4人に一人は仕事につかず、教育も受けていない「ニート」にあたるという。Fundaungoがまとめたデータだ。この背景には、若い世代の雇用開発や、就労の後押しが欠けている政策的欠陥があると同機関は指摘する。就業訓練などを受けている若者は、7.2%にとどまっている。

■日本、ホンジュラスに58万ドル支援 Caracol Radioの記事
日本政府は、ホンジュラスに58万ドルの緊急支援を行なう。同国を始め、中米の広い範囲では少雨が長期間続き、各地で渇水や旱魃が現実化している。この緊急支援は、この雨不足による農産物対策などにあてられ、ニカラグア国境に近いエリアの42のコミュニティでこの施策がとられる。